沖縄県 離島移住 お役立ち情報まとめ

沖縄移住 離島
この記事は約3分で読めます。

沖縄の離島へ移住をお考えの方へ

沖縄県には有人離島が39島あり、自治体としては15市町村あります。(橋でつながった離島除く)

その15離島市町村は、人口規模や生活環境等で各々特徴があります。

こちらのページでは、離島の市町村に移住する前に確認したい基礎知識についてご紹介します。

離島に移住する前に検討したいポイント(生活環境)

移住先を検討する時に、交通事情や買い物等の生活環境は大切なポイントになります。

その点、離島の市町村は、宮古島市や石垣市等の人口の多い自治体を除いて利便性は高くありません。

離島移住をご検討中の方が求める環境は、その動機や年齢、世帯構成などで各々違うと思います。

充実した離島移住生活を過ごす為には、生活の基盤になる環境面を把握しておくことが大切です。

沖縄県内15離島市町村の詳しい生活環境は、下記項目のリンクページより確認ください。

離島に移住する前に検討したいポイント(教育)

沖縄移住を検討する時に、子育て世帯では教育環境が気になるポイントだと思います。

沖縄県内の15離島市町村には、義務教育の中学校までは全ての自治体でもちろんあります。

しかし、下記の離島市町村には高校がありませんので島外の高校に進学することになります。

  • 渡嘉敷村・座間味村・粟国村・渡名喜村・南大東村・北大東村
  • 伊平屋村・伊是名村・伊江村・多良間村・竹富町・与那国町

※沖縄県では「離島児童生徒支援センター(学生寮)」を設置して、進学費用の負担軽減と生徒のサポートを行っています。

離島に移住する前に検討したいポイント(医療)

病院などの医療施設の充実度は、シニア世代や子育て世代に限らず、移住先を検討する上で気になるポイントだと思います。

沖縄県内では、那覇市等の都市部では総合病院を含め病院数が多く医療体制が充実しています。

しかし、離島の市町村では診療所1箇所で医療を提供している場合があるので、移住前に確認することをおすすめします。

沖縄県内15離島市町村の詳しい医療体制は、下記の関連ページよりご確認ください。

沖縄県内15離島市町村の概要(リンクページ)

沖縄県内15離島市町村の概要や生活環境等の移住関連情報を各々ご紹介しています。

※興味のある自治体の詳しい情報は市町村名をクリックしてご覧ください。

沖縄県 離島移住 お役立ち情報まとめ

ここまで、離島の市町村に移住する前に確認したい基礎知識についてご紹介してきました。

沖縄県内の15離島市町村は、各々で人口規模や生活環境等で特徴があります。

また、地元民の私には感じなかった視点ですが、各々の離島で特色があって空気感が違うようです。

離島移住をご検討中の方が求める環境は、その動機や年齢、世帯構成等で優先順位が異なると思います。

充実した離島移住生活を過ごす為には、生活の基盤になる環境面を把握しておくことが大切です。

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました