沖縄県 久米島移住 お役立ち情報

この記事は約4分で読めます。

久米島に移住をお考えの方へ

久米島(町)に移住する前に知っておきたい「生活環境」「仕事」「住居」「移住支援」等のお役に立つ情報をまとめています。

久米島に移住する前の基礎知識としてご活用ください。

久米島の場所と地域の概要

久米島くめじまは、沖縄本島から西に約100kmの場所にある沖縄諸島でも最西端の島です。

島の全体が久米島町で、平成14年4月1日に具志川村と仲里村が合併して誕生した新しい町です。

久米島は「はての浜」をはじめ豊かな自然に囲まれており、島全体が県立自然公園に指定されています。

人口は7680人(2021年1月現在)で、沖縄県内の離島では人口が比較的多く、生活環境の面でも利便性の高い島です。

移住先として人気のある久米島は、移住支援制度も充実しており行政も積極的に取り組んでいます。


<久米島のアクセスMAP>


久米島町の仕事(事業所数と従業者数)

久米島町には、国及び地方公共団体を除いて、約557の事業所があり従業者数は2,573人です。

主要な産業は観光業と農業で、リゾートホテル等の観光関連産業で働く方が多いのも特徴のひとつです。

また、最近では、海洋深層水を利用した産業振興が行われており、雇用の受け皿として期待されています。

久米島町では、移住者支援として「仕事関連の情報」を積極的に発信しています。

久米島の求人情報

久米島の生活環境(教育・病院・買い物・交通事情・インフラ)

移住先を検討する際に生活環境は、とても大切なポイントになります。

こちらでは、教育・病院・買い物・交通事情・インフラ面について、各項目別にご紹介します。

久米島町の教育・子育て環境

久米島町保育所(園)

  • 中央保育所
  • 儀間保育園
  • なでしこ保育園
  • そらなみ保育園
  • 家庭的保育事業わかば

久米島町立幼稚園

  • 久米島町立清水幼稚園
  • 久米島町立仲里幼稚園

久米島町内の病院(医療施設)

  • 公立久米島病院(久米島町嘉手苅572-3)総合病院
  • 球美の島診療所(久米島町真我里78)内科・外科
  • 具志川歯科医院(久米島町大田564)歯科

久米島町内の買い物事情

久米島町内には、総合スーパーのAコープ久米島店の他、ドラッグストアやコンビニが複数店舗あります。

また、その他に個人商店が集落の近くにありますので、日常的な買い物には困らないと思います。

ただし、台風や高波の時には物流がストップすることがあるのでその点は注意が必要です。

久米島の交通事情

沖縄本島から久米島までの移動手段は下記の通りです。

飛行機を利用した場合

那覇空港→久米島空港:1日3便~5便で所要時間は約30分です。

船を利用した場合

那覇泊港→久米島兼城港(渡名喜港経由):1日1便~2便で約3時間30分

運航スケジュール

※久米島町内では、町営バス・タクシー・レンタカーが主な移動手段になりますが、自家用車を所有することをおすすめします。

久米島町営バス運行表

久米島町内のインフラ環境

久米島町の生活インフラ

  • 電気(電力):沖縄電力
  • 水道(上下水道):公営水道
  • ガス:久米島ガス等
  • 情報通信:高速回線対応可

沖縄電力 事業所一覧

久米島の住居(家賃の相場)

久米島は、賃貸物件の供給戸数が少なく2021年1月時点で不動産サイトへの掲載件数は1件でした。

ただし、久米島町では移住支援の一環として、住まい探しのサポートをしていますので下記のサイトを参考にしてください。

久米島町の住まい探し

久米島町の移住支援(子育て環境など)

久米島町の移住支援

  • 移住定住相談員「島ぐらしコンシェルジュ」の設置
  • 住まいの支援として空き家・空き地情報の提供
  • 仕事の支援として移住希望者と島の人の”やりたい”を繋ぐ「久米島共創局」

久米島町の子育て支援

  • こども医療費助成(通院:小学校入学前まで、入院:中学校卒業まで)
  • 出産助成金(出産のため、妊娠35週6日までに離島する際の助成15万円
  • 出産奨励金(第一子5万円、第二子10万円、第三子15万円、第四子20万円支給)

久米島移住 お役立ち情報まとめ

ここまで、久米島移住をお考えの方へ、参考になる基礎知識をご紹介してきました。

久米島は、沖縄県内の離島では人口が比較的多く、生活環境の面でも利便性の高い島です。

また、移住支援や子育て支援も充実していますので移住先として検討してはいかがでしょうか?

久米島移住支援サイト

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました