沖縄移住おすすめエリア(街)ランキング

沖縄移住おすすめ
この記事は約2分で読めます。

沖縄移住でおすすめしたいエリア(街)をご紹介!

沖縄移住をお考えの方へ、沖縄移住でおすすめしたいエリア(街)を地元沖縄県民の管理人がランキング形式でご紹介しています。

沖縄県内には41の自治体があります。沖縄本島内に26市町村、沖縄本島以外の離島に15市町村です。

その中から、生活環境面や実際にその地域に住んでいる友人・知人の情報を参考に勝手にランキングしています。

今回は、移住先としておすすめしたい自治体を沖縄本島内で5市町村、本島以外の離島で3市町村、ご紹介します。

沖縄本島内でおすすめの移住先ベスト5

沖縄移住おすすめエリア(沖縄本島編)1位 那覇市

那覇市は人口が約32万人で中核市に指定されている沖縄県の県庁所在地です。

那覇空港や那覇港があり空と海の玄関口として機能する経済の中心地でもあります。

利便性が高く住みやすい街ですので、沖縄移住の最初の移住先として那覇市はおすすめです。

沖縄移住おすすめエリア(沖縄本島編)2位 豊見城市

豊見城市とみぐすくしは、那覇市のベッドタウンとして発展してきた市で、自然環境と都市化の調和がとれた人気の自治体です。

若い世代が多く、「全国都市成長力ランキング」でも、連続して上位にランキングされています。

沖縄移住おすすめエリア(沖縄本島編)3位 北谷町

北谷町は、沖縄県内の自治体の中でも移住先として注目されているエリアのひとつです。

アメリカンビレッジやアラハビーチ等、人気スポットが多く沖縄の魅力が詰まったリゾートタウンです。

沖縄移住おすすめエリア(沖縄本島編)4位 うるま市

うるま市は、平成17年に具志川市・石川市・勝連町・与那城町が合併して誕生した自治体です。

世界遺産の勝連城跡をはじめ、文化・伝統・豊かな自然環境が残るうるま市は、沖縄県民にも人気のある地域です。

沖縄移住おすすめエリア(沖縄本島編)5位 恩納村

恩納村は沖縄本島の中央部西海岸に位置する村で、大型リゾートホテルが立ち並ぶリゾート地です。

透明度の高い海、白い砂浜、日本を代表するリゾート地の恩納村!

海好きな方には移住先としておすすめのエリアです。


離島でおすすめの移住先ベスト3

沖縄移住おすすめエリア(離島編)1位 石垣島(石垣市)

石垣島は、沖縄県内の自治体の中でも移住先としてトップクラスで人気のあるエリアです。

観光で訪れた石垣島の自然や空気感に魅了されて、実際に移住した方もたくさんいらっしゃいます。

八重山諸島(竹富町・与那国町等)の経済や観光の中核を担う拠点都市が石垣市です。

沖縄移住おすすめエリア(離島編)2位 宮古島(宮古島市)

宮古島の魅力は、なんと言っても、海をはじめとする自然の美しさだと思います。

宮古島は離島の自治体ですが人口が多く医療や教育などの生活環境も整備されています。

都市としての利便性の高さと自然環境とのバランスの良さが宮古島の特徴です。

沖縄移住おすすめエリア(離島編)3位 久米島(久米島町)

久米島は「はての浜」をはじめ豊かな自然に囲まれており、島全体が県立自然公園に指定されています。

移住先として人気のある久米島は、移住支援制度も充実しており行政も積極的に取り組んでいます。


沖縄移住おすすめエリアまとめ

沖縄移住でおすすめしたいエリアをランキング形式でご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

もちろん、ご紹介した市町村以外にも移住先として魅力的な自治体はたくさんあります。

また、ランキング入りした市町村にも、それぞれのメリット・デメリットはあります。

今回は、初めて沖縄移住する方向けに、教育・医療・交通等の生活環境を重視したランキングです。

ランキングでご紹介した自治体の移住関連情報は、各詳細ページよりご確認ください。

また、その他市町村の移住関連情報は、下記のまとめページを参考にしてください。

沖縄移住|沖縄県41市町村移住情報まとめ

当サイト「沖縄移住なび」は、沖縄移住の総合情報サイトです。

沖縄移住を検討されている方の情報源としてその一助となれば幸いです。

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました