沖縄に移住する時の引越し代の目安と準備

沖縄移住 引っ越し
この記事は約4分で読めます。

沖縄に移住などで引越し予定の方へ

沖縄に移住などで引越しする際の費用の目安についてご紹介しています。

また、引越しの前後にやること・手続きについてもリスト化していますので参考にご覧ください。

沖縄に移住する時の引越し代の目安

沖縄に引越しする場合の費用は、荷物量や時期、引越し方法等により変わってきます。

主な引越し方法としては「➀引越し業者へ依頼 ➁ゆうパックを活用 ➂宅配便を使う」があります。

単身で荷物量が少ない場合は、➁ゆうパック➂宅配便を併用することで、引越し費用を5~6万円以内に抑えることが可能です。

しかし、家族世帯などの荷物量が多い場合は、引越し業者へ依頼することが多いと思います。

引越し業者へ依頼した場合、その費用は荷物量や時期、距離によって変わってきます。

例えば、家族世帯(3人)で東京から沖縄へ引っ越しを依頼した場合、引越し費用は30万円前後(閑散期)が目安になります。

ご自分の引越し費用の目安を知りたい方は、引越し業者に無料で見積りを出してもらうことも可能です。

引越し料金を無料で比較できる「引越し侍」を活用して無料見積もり、賢く節約!

※次の項目では、引越し費用を抑える方法をいくつかご紹介していますので参考にしてください。

引越し費用を抑える方法とは?

上記でご紹介したように沖縄に移住する時の引越し費用は決して安くはありません。

沖縄に移住する際には、引越し費用の他にも賃貸物件の契約費などの様々な支出があります。

そこで、沖縄までの引越し費用を抑える方法をいくつかご紹介しますので参考にしてください。

  1. 家具や家電等の大きな荷物は処分または売却する(現地調達)
  2. 引越し業者+ゆうパック+家財宅急便を併用する
  3. 可能であれば、車の売却を検討する(車の輸送費の目安は次項を参考)
  4. 時間と手間はかかりますが、梱包や資材の準備を自分でする
  5. 引越し時期は繁忙期(3・4月、土日祝)を避ける
  6. 複数の引越し業者の見積もりを比較する(引越しの見積は一括見積が便利)

沖縄移住、引っ越しする時のポイント

沖縄で住居が決まり、実際に引っ越しする時に注意して欲しいポイントは下記の2点です。

ポイント(1)

引っ越し費用は、引越し業者に支払う代金の他に、下記の支出も考慮して余裕を持って準備しましょう。

  • 不用品の処分費
  • 車(バイク)を持っていく場合はその輸送費
  • 移動時の飛行機代・宿泊費・レンタカー代

ポイント(2)

沖縄に車を輸送して使う予定の方は、防錆(錆止め)対策がされているかを確認ください。

沖縄は海に囲まれ潮風に当たりやすい地域で、車の場合でも錆びやすい過酷な環境です。

判断が難しい場合は、最寄りの自動車整備工場等で確認することをおすすめします。

引越しの前後にやること・手続き一覧

引越し前にやること・手続き

  • 賃貸物件の場合は退去日の連絡
  • 引越し業者への見積依頼と決定
  • 勤務先や学校等の関係機関への連絡
  • 引越し先の勤務先や学校等の関係機関への連絡
  • 電気・ガス・水道・ネット回線の解約手続き
  • 引越し先の電気・ガス・水道・ネット回線の使用開始手続き
  • 荷物の整理、荷造り、不用品の処分
  • 郵便物の転送手続き(住所変更が必要な場合はその手続き)
  • 市区町村役場で転出届を提出(2週間前から受付)

引越し後にやること・手続き

  • 賃貸管理会社等との打合せ・鍵の受取・ガスの開栓立ち会い
  • 荷物の受け入れ(引っ越し分)
  • 市区町村役場で転入届けの提出(14日以内、転出証明書要)
  • 学校の転入手続き
  • 社会保険または国民健康保険の住所変更手続き
  • 車庫証明(警察署)の手続きとナンバープレートの変更登録(陸運局)
  • 住所変更手続き(カード・運転免許証・銀行・保険・携帯など)
  • 家具・家電・学用品や生活備品等の購入
  • 勤務先や学校等の関係機関や近所へのご挨拶

「沖縄移住、引越し代の目安と準備」まとめ

ここまで、沖縄移住などで引越しする際の費用の目安とポイントについてご紹介してきました。

沖縄に移住する際には、引越し費用の他にも賃貸物件の契約費などの様々な支出があります。

沖縄での生活をスムーズにスタートできるよう、引越し費用はなるべく抑えることをおすすめします。

※沖縄移住後の生活費の目安と物価については、下記のページを参考にしてください。

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました