沖縄移住時に役立つ不動産情報「土地・住宅」

沖縄移住 不動産
この記事は約3分で読めます。

沖縄に移住する時に役立つ不動産情報

沖縄に移住する時に役立つ沖縄県内の不動産情報をご紹介しています。

沖縄県内の戸建て住宅や市町村別の土地価格等、移住前に確認して欲しい不動産全般の情報です。

沖縄に移住して不動産の購入をお考えの方は参考にご覧ください。

沖縄県内の不動産市場動向

沖縄県の不動産の動向は「沖縄県不動産鑑定士協会」が定期的に公表しています。

一部を引用致しますので参考にしてください。

調査時点の過去半年間(R2.11.1~R3.5.1)の地価動向に関する実感値は、前回に引き続き住宅地、商業地、軍用地のいずれもマイナスとなった。

ただし商業地、軍用地の下落感が強まった一方で、住宅地の下落感は前回から継続して弱まりを見せた。

沖縄県不動産鑑定士協会

沖縄県内の戸建て住宅の特徴とは?

沖縄県内の戸建て住宅の特徴としては、鉄筋コンクリート造の住宅が多くを占めることです。

鉄筋コンクリート造の住宅が多い主な要因は、沖縄では台風対策が必要だからです。

気象庁のデータ(2011年~2020年)によると、沖縄地方には年間6回~13回、台風が接近しています。

平均すると、年間約8回台風が沖縄地方に接近していることになります。

接近する台風の中で、勢力の強い台風に備えて住宅は鉄筋コンクリートが主流になっています。

しかし、最近では、沖縄県内でも木造一戸建ての着工戸数が増加しています。

県内のシンクタンクによれば、「木造一戸建てはRC造に比べ建築単価が安価で割安感が生じている」為のようです。

木造かRC造のどちらを選ぶかは、建築場所や予算によりますので慎重に検討しましょう。

「りゅうぎん総合研究所」調査レポート

沖縄県内主要市町村の土地価格(宅地)

沖縄県内主要市町村の土地価格(宅地)をご紹介します。

土地価格の主な指標には次の4種類があります。

  1. 国税庁が公表する「路線価」
  2. 市町村が公表する「固定資産税路線価」
  3. 国交相が公表する「公示価格」
  4. 実際に取引されている「実勢価格」

こちらでは、不動産情報サイト3社を参考に「実勢価格」を目安としてご紹介します。

※同じエリア内でも、土地の状況や場所によって価格は変動しますので参考としてください。

  • 那覇市の平均坪単価・・・52万円/坪
  • 浦添市の平均坪単価・・・41万円/坪
  • 宜野湾市の平均坪単価・・・28万円/坪
  • 豊見城市の平均坪単価・・・28万円/坪
  • 糸満市の平均坪単価・・・20万円/坪
  • 南城市の平均坪単価・・・15万円/坪
  • 沖縄市の平均坪単価・・・24万円/坪
  • うるま市の平均坪単価・・・17万円/坪
  • 名護市の平均坪単価・・・14万円/坪
  • 石垣市の平均坪単価・・・13万円/坪
  • 宮古島市の平均坪単価・・・11万円/坪

沖縄移住時に役立つ不動産情報まとめ

ここまで、沖縄に移住する時に役立つ沖縄県内の不動産情報をご紹介してきました。

沖縄県内の建築単価は、2021年時点ではRC造、木造共に高止まりの傾向が続いています。

沖縄県内の建築坪単価のおおよその目安は次の通りです。

  • RC造の建築費坪単価・・80万円前後/坪
  • 木造の建築費坪単価・・70万円前後/坪

沖縄に移住して不動産の購入をお考えの方は、価格推移を注視して購入時期を慎重に検討しましょう。

所有している不動産の売却をお考えの方は「あなたの不動産、今いくら?無料の一括見積もりで最高価格を知ろう!」をご活用ください。

可能であれば、購入前に一定期間賃貸に住んで沖縄県内の生活環境等も把握することをおすすめします。

沖縄県内で賃貸物件を探す場合は、下記のページを参考にしてください。

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました