沖縄移住計画の立て方 5つのステップ

沖縄移住計画
この記事は約6分で読めます。

失敗しない沖縄移住計画の立て方

沖縄移住をお考えの方へ、移住に向けての具体的な計画の立て方と手順をご紹介しています。

また、沖縄移住の現状と課題など、移住前に確認したい基礎知識もまとめています。

沖縄移住後に後悔しない為にも、事前の情報収集が大切ですので参考にご覧ください。

沖縄移住の現在の状況

総務省統計局が公表している人口増減率をみると、2019年に自然増減と社会増減が共にプラスで人口が増えているのは沖縄県のみです。

つまり、沖縄県は県内でも人口が増えている上に、他の県からも人口が流入していることになります。

沖縄県への移住者数は、正式な数字は公表されていないようですが、年間で27,000~30,000人と推計されています。

移住先として人気のある沖縄県ですが、2020年度の定住意欲度調査(住み続けたい)でも2位にランクインしています。

定住することが、沖縄移住の目標だと仮定すると定住意欲度のこの調査は参考になると思います。

ただし、この調査でも、沖縄県の定住意欲度は81.2%ですので、全ての方が満足しているわけではありません。

次の項目では「沖縄移住の課題と移住時の注意点」についてご説明します。

追記:ブランド総合研究所による「都道府県『幸福度』ランキング」で沖縄県は1位になりました。

沖縄移住の課題と移住時の注意点

沖縄に移住する時の一番の課題は仕事面(収入の確保)だと思います。

沖縄県は全国と比較すると給与水準が低く雇用環境も厳しい地域です。

だからと言って、他の都道府県と比較して生活費(物価水準)が極端に安いことはありません。

実際に、消費者物価指数では全国平均を100とした場合、沖縄県は98.5で家賃を除くと99.9です。

もちろん、首都圏等の都市部と比較すると生活コストは安いですが全国平均に近い物価です。

沖縄移住時の注意点としては、毎月の必要な生活費を把握してそれを補う収入を確保するこです。

※下記の関連記事では、沖縄移住後の生活費の目安を世帯別に詳しくご紹介しています。

沖縄の地域社会の特徴

沖縄に移住する時の課題として仕事面を挙げましたが、ネット上では沖縄移住の失敗要因として人間関係を挙げる方もいるようです。

沖縄県の地域社会の特徴として「沖縄は横社会である」と表現されることがあります。

その表現は一部正しいと思います。沖縄は、家族や親族・地域など、横の結びつきが強い県です。

しかし、その表現が一部では誤解を生じさせる要因になっていることもあるようです。

ネット上では「県外の人に冷たい」等の記事もありますが、少なくても私の周辺では聞いたことがありません。

文化的な違いで誤解が生じることもありますが「沖縄が好きで移住してきた方」に対しては好意的です。

沖縄に移住する前に、その特徴を知っておくことでスムーズな人間関係作りに役立つと思います。

いずれにしても、ご自身にとって心地よい距離感で人間関係を築いていくことが大切です。

沖縄移住計画の立て方と手順

沖縄移住をお考えの方へ、移住に向けての具体的な計画の立て方と手順をご紹介します。

沖縄移住計画 ステップ1

沖縄県内の41市町村(沖縄本島内26市町村、離島15市町村)から、ライフスタイルに合う移住候補先を決めましょう!

移住候補先は、世帯構成や仕事・重視する生活環境等、様々な側面から検討することが大切です。

可能であれば、移住候補先を3~5ヵ所の自治体に絞り込んで検討することをおすすめします。

沖縄移住計画 ステップ2

ステップ1で検討した移住候補先の市町村に実際に行って確認しましょう!

出来れば、1週間ほど短期滞在してその地域の空気感や下記の項目を確認しましょう。

  • 子育て環境・医療施設・交通事情(移動手段)・買い物等の生活環境を確認する。
  • 希望する職種の求人があるかを確認する。

沖縄移住計画 ステップ3

移住候補先が決まったら、その市町村または周辺の地域で仕事(収入の確保)を探しましょう。

一定期間の生活費が確保できる方は、移住後に仕事を探してもいいですが、やはり、仕事を決めてからの移住が安心です。

沖縄県は全国と比較すると給与水準が低く雇用環境も厳しい地域です。

医療系(看護師・薬剤師等)や保育士等の求人の多い資格がある方を除いて、なるべく早めに仕事探しを始めた方がいいと思います。

沖縄移住計画 ステップ4

仕事が決まったら、勤務先のある市町村または周辺の地域で住居を探しましょう。

沖縄県内の賃貸住宅の家賃や売買用住宅の価格は、全国と比較しても安くはありません。

今後は下落傾向と予想されていますが、移住後の住居を検討する際は慎重に検討しましょう。

また、移住先の地域で住居を探す場合は、特に下記の3点に留意しましょう。

  • 毎月の必要な生活費を把握して、家賃などの上限を決める。
  • 子育て環境・医療施設・買い物等の生活環境を確認する。
  • 勤務先までの移動手段を検討する。

沖縄移住計画 ステップ5

住居が決まったら、契約を行い、引っ越しの準備を始めましょう。

住居の契約時には、念のため、下記の点について再確認することをおすすめします。

  • 賃貸の場合は、家賃以外の諸経費(共益費)等の有無。
  • 車を所有(予定含む)している方は、駐車場の有無・費用・駐車スペースの確認。
  • インターネット接続環境の確認。

※駐車場については、専用の駐車スペースを確保することで後々のトラブルを防げます。

※賃貸物件でネット接続料金込みの場合、回線速度が実用的でない場合がありますので注意が必要です。


※以上が、沖縄移住に向けての具体的な計画の立て方と手順のご紹介です。

沖縄移住前後に必要な手続きについては、下記の補足情報を参考にしてください。

沖縄移住計画 補足情報

沖縄移住前にやること・手続き

  • 賃貸物件の場合は退去日の連絡
  • 引越し業者への見積依頼と決定
  • 勤務先や学校等の関係機関への連絡
  • 引越し先の勤務先や学校等の関係機関への連絡
  • 電気・ガス・水道・ネット回線の解約手続き
  • 引越し先の電気・ガス・水道・ネット回線の使用開始手続き
  • 荷物の整理、荷造り、不用品の処分
  • 郵便物の転送手続き(住所変更が必要な場合はその手続き)
  • 市区町村役場で転出届を提出(2週間前から受付)

※一般的に、賃貸物件の場合は、管理会社との調整で電気・水道・ガスの手続きが完了します。

沖縄移住後にやること・手続き

  • 賃貸管理会社等との打合せ・鍵の受取・ガスの開栓立ち会い
  • 荷物の受け入れ(引っ越し分)
  • 市区町村役場で転入届けの提出(14日以内、転出証明書要)
  • 学校の転入手続き
  • 社会保険または国民健康保険の住所変更手続き
  • 車庫証明(警察署)の手続きとナンバープレートの変更登録(陸運局)
  • 住所変更手続き(カード・運転免許証・銀行・保険・携帯など)
  • 家具・家電・学用品や生活備品等の購入
  • 勤務先や学校等の関係機関やご近所への挨拶

沖縄移住計画 関連記事

「沖縄移住なび」TOPページへ

タイトルとURLをコピーしました